3年目検診Part2

今日は腹部のCTと一連の検査結果の確認の日だった。

 

到着後、まずCTに。

今日は腹部なので造影剤を使う日。

昨年は撮影中から気分が悪くなって、チョットつらい思いをしたけど、今年はほとんど影響がなかった。

これって、体調も影響するのか?

 

無事に終わったので、朝食替わりに売店でパンと水を購入して、待合室で待機。

緊張しながら待つ。

 

 

結果的には何も出なかった。

ただ、肺にある影が年々濃くなってきているようで、これがチョット心配のタネ。

まぁ、年齢的にも何かしら出るころではあるけどさ。

 

 

この判決前の心境は、かなり精神的に来ているようで、家に帰ってきたらドッと疲れが出た。

何かから解放されたような、また何かを背負ったような、不思議な感覚。

 

 

でも、まぁこれで、来年も検診を受けられそうな状態であることが確認できて良かった。

検診を受けることはイヤだけど、生きていればこそだしね。

3年目検診Part1

今、こうしてブログを更新できるのも、3年前の出来事があったからなのだけど、

「3年経ったんだなぁ~」と感慨深い。

 

今日は、胸部CTと胃カメラだった。

 

胸部CTは造影剤を使わないのでいいのだけど、来週に受ける腹部のCTは造影剤を使われるので、また吐き気に襲われるのかと思うとチョット気が重い。

 

けど、胃カメラをやることに比べれば、造影剤の気持ち悪さは数分だから大したことないけどね。

 

今日の胃カメラの施術者は、今までにない気遣いの少ないタイプの人だった。

別に気を使って欲しいわけではないのだけど、今までの施術者は何をやっているか何をやろうとしているかを伝えながら行う人が多かっただけに、今回の人は無言で胃に空気を送り込んできたので、何が起こったか分からずにあまりの苦しさを涙を流して訴えたのだけど伝わらなくて、悲しい思いをした。

 

でも、思いのほか早く終わったので良かった。

振り返ればサクサク系の人だったのかもしれない。

 

それにしても、今回で5回目?の胃カメラだったけど、慣れないなぁ。

 

今の胃カメラって管が細いタイプがあるらしいのだけど、ワタシが診てもらっているところは、直径が1cm程度のものなので、これがまた恐怖を増幅させる。

 

それにしても苦しかった。

 

 

今回も細胞を採取するようなことはなかったので、とりあえず見た目は良かったのかな?とかってに解釈しているところ。

 

まぁ、どうなるかは来週分かるのだけど。

 

何も無いといいな。

 

そんなことを考えるところをみると、まだまだ生きることに執着があるんだなと感じる。

 

胃のあたりに微妙な違和感

最近、とは言ってもここ1か月なのだけど、胃のあたりが痛いような重いような感じが続いている。

 

元々ストレスには弱いほうなので、チョット強めのストレスがかかったせいかな?とも思っているのだけど、こればかりは考えても分かるはずもなし。

 

 

今日は、消化剤をもらうための経過観察で受診をしてきた。

 

Drにこの微妙な不快感を告げたところ、

「まぁ、心配ないでしょ」とのこと。

 

きっと、オペの結果が良好だったから自信があって、心配ない旨の説明をしてくれたのだろうと思う。

 

一応、次回の受信時に血液検査をオーダーしてくれたので、とりあえずそれを見て安心できればいいかな。

 

 

かれこれ手術を受けてから2年半が経とうとしているんだよね。

 

だいぶ日常生活になれたとは言っても、やっぱり食事の量とか質とかの調整がうまくいかないときがあって、その点だけが不満な点。

 

でも、食べ過ぎず飲みすぎずで、ゆっくり食べることが出来たときは調子がいいので、なんとかこれを定着させたいところなのだけど、気が付くと昔のクセがでていて良くかまずに飲み込んでしまう時がある。

 

2年以上経っているのに、未だに昔のクセが抜けないものなんだなぁなんて、気づくこともしばしば。

 

まぁ、それも生きていればこそのことだけどさ。

 

 

ラーメン一杯が食べられた

今日も様子伺いで受診。

受診と言っても消化剤をもらうためだけ。

 

かれこれ胃の切除術を受けてから2年チョット。

今日の昼ごはんにラーメンに挑戦してみたら、何とか一杯を食すことができた。

 

とは言っても、30分近くかかったかな?

 

だんだんのびてくるから、量が増えてしまうのだけど、柔らかくなる分には負担が減るので、なんとかこなせた感じ。

 

術前の説明だと、切除後の胃は大きくならないとのことだったけど、小さいながら日々の食事で鍛えられてきているのか、だんだん量は増えていっている気がする。

 

 

そうそう、胃を切除してもビールをジョッキで飲める人がいるって聞いて驚いたのだけど、どうやらワタシはそのタイプらしい。

最近は、お酒の量が少しずつ増えてきているせいか、体重も増加傾向。

 

 

この、体重が増えてきたことで、やつれ感が緩和されたのが、少し嬉しい。

ひところは、自分で鏡をみるたびに、老化していっているように感じられたから。

 

 

すこしずつ回復していっているような感じはするのだけど、それでも違和感は強くて、元に戻ることはないんだろうなとは思う。

 

でも、いまこうしていることができること自体が嬉しいし、感謝してもしきれないぐらい。

 

 

 

そう。

いろいろな「もの」「こと」「ひと」に感謝が増えた。

 

これが、今感じている、術後の感想。

 

 

2年目検診(その2)

腹部のCTと相互的な診断を受けるために受診してきた。

 

まずは腹部のCT。

なぜか腹部の時だけ造影剤を使われる。

まぁ、胸部より腹部の方が入り組んでいるし、臓器の種類も多いからなのかもしれないけど。

初めて造影剤を使われた時には何ともなかったのだけど、去年から副作用?なのか吐き気を伴うようになってチョット嫌だった。

事前の説明書にも書いてあって、すぐに吐き気は消えるのだけど、検査終了後に検査台から更衣室まで戻るのさえツラかった。

 

朝食を食べていないので、コンビニでパンを買い簡単に食事を済ませて、午後の診察を待つ。

 

この、前にも書いたけど、判決を受けるようなこの時間が、とても息苦しい。

 

いよいよ、呼び出しがかかる。

 

入室すると、DrのPCにはCTの映像が写しだされていて、検査結果もプリントアウトされていたので、事前にチェックをしたようす。

確かに、結果次第では患者に接する心構えが必要だろうから、そんなことを思うと大変な仕事だよなと、他人事のような感覚に襲われた。

 

 

結果的には怪しいところは見つからなかった。

この「見つからなかった」という言い回しが大切で、決して「無かった」とは言わないんだよね。

CTの結果の表記も「あきらかな転移を指摘できない」だし。

 

そうそう、すりガラス結節の影は不鮮明になっていたらしい。

原因は分からないけど、これもいい結果。

 

 

それでも、まぁ良かったよ。

少なくとも、あと1年は生きていられるという実感が持てた。

 

 

大したことではないのだけど、血液検査の結果で標準値から乖離している項目がチラホラ出だしたこと。

確かに年齢を重ねているのだから仕方ないことなのだろうけど、生活習慣を今一度見つめなおす必要があるのかな?なんて思った。

 

まだまだやりたいことあるしね。