胸部CTと胃カメラ(1年目検査)

もうすぐ手術してから1年経つんだと少しだけ感慨深い。

 

あの時の胃カメラでガンが見つかっていなかったら、今こうして記録を残すこともできていなかったのかなぁ。

 

 

今日は術後約1年経ったとのことで、胸部CTと胃カメラの検査だった。

CTはサラって終わるからいいけど、胃カメラが憂鬱で朝から気が滅入っていた。

 

前回同様まずい薬を飲まされて待っていると、ほどなくご案内。もうちょっと心構えの時間が欲しかった気がしたけど、仕方なくまな板の上のコイに。

 

胃カメラの検査って苦しいからなのかもしれないけど、Drも看護師さんもみんな優しい。今回のDrは前回とは違うDrだったけど、同じように優しく対応してくれた。

たぶん、緊張して力が入っていると検査がしにくいようす。だから患者が緊張しないように配慮している気がした。まぁ結果的にはそれがDrのためなんだろうけど。

 

今回の不安は「また何か見つかったらヤダなぁ」ということ。

 

検査はスムーズに進み、前回の三分の一ぐらいの時間で終わった。考えてみれば胃自体が三分の一ぐらいしかないのだから理にかなっているのかも。

 

結果的には生検用の細胞採取はなかった。検査終了後にDrの説明がなかったから詳しくは分からないけど、

「アヤシイところが無かったってことだよね!」

と、自己解釈。

 

そう、『細胞採取があったら』それが今回怖かったこと。

場合によっては、また手術受けるのかとか、抗がん剤の投与開始とか色々考えてしまっていたから。

 

まぁ、CTの結果とか血液検査の結果とか見ないと全体的なことは分からないけど、とりあえず私の残り少ない胃は元気にしていてくれたようなのが嬉しかった。

 

体重もやや回復気味でいい感じ。

 

もう少し体力が戻るといいなぁと欲がでてきた。