胸部CTと胃カメラ(1年目検査)

もうすぐ手術してから1年経つんだと少しだけ感慨深い。 あの時の胃カメラでガンが見つかっていなかったら、今こうして記録を残すこともできていなかったのかなぁ。 今日は術後約1年経ったとのことで、胸部CTと胃カメラの検査だった。 CTはサラって終わ…

経過観察

今日も経過観察 観察といっても傷口を見るわけでもなく、Drによる様子伺いだけ。 ようやく体重の減少が止まった気がする。 前回Drから「とにかく食べなさい」との指導があったので、ちょっとムリして食べるようにした。 このチョット食べ過ぎ状態って、…

経過観察のため受診

定期受診に行ってきた。 前回血液検査をしたので、経過観察と検査結果の確認だった。 体調に大きな変化はなく経過は良好なようだけれど、体重の減少が止まらないためそこが少し不安に感じる。だけど、血液検査の結果は良好で、栄養状態は合格点だった。入浴…

胃カメラはチャンス

前回の更新の時に、”アクセス解析”なるものがあって、「何だろう?」とのぞいてみると、どのような経緯でこのブログにたどり着いたのかが分かるようになっていた。 驚いたのが以外にもこのブログに来訪者があって、そのほとんどが「陥凹性病変疑い」で検索さ…

体重の減少が続く

手術をしてから8か月以上もたつのに、まだ少しずつだけど体重の減少が続いている。 軽い運動もしているので、体がダルイとか体力が落ちたとかは感じないけど、どこまで痩せてしまうのかと不安になる。割合にして18%ぐらい。 もともとが標準値ではありな…

血圧低すぎ

気分転換に健康ランドなるものへ行ってみた。久しぶりの健康ランドは平日だったこともあり空いていて気分が良かった。 のほほんと湯船につかり、温まってきたので露天風呂へ行こうかと湯船から出たところで、ものすごい立ちくらみに見舞われた。慌てて近くに…

退院後の外来1(ガンの広がりを確認)

ある意味今日の外来が、今回の出来事のメインイベントであろうと思う。 病院に到着すると最初に採血をした。術後の状態と栄養状態の確認らしい。結果がでるまでに1時間ほどかかるため、外来の待合室でしばらく待たされた。 名前を呼ばれてDrの部屋に入室…

ダンピング?

おかゆ・やわらかく煮た(つまりノビた)うどん・あたたかい素麺、この3種類のローテションで何とか生きている状態。 今日の昼にうどんを煮て、半分ほどを時間をかけて食べた。おとといも昨日も大丈夫だったのに、食べ終わってから5分ぐらいしたら急にムカ…

退院

無事に家に帰ってきた。病院を出てから駅までの距離は2~300M程だけれど、体力がないせいか長く感じた。「昨日、外を歩く練習をしておいて良かった」と思った。外の日差しは強く、夏であることを久しぶりに実感した。とは言っても2週間ほどだけど。 駅…

術後8日目(病院外を散歩)

昨日の食事が5分粥。そして今日の食事が全粥だった。 昼過ぎにDrが様子伺いに来てくれて、ダンピングの症状などについて話した。ダンピングの症状について色々調べたものの、これといった症状がでたことはなく「順調です」と答えたところ、急きょDrから…

術後7日目(遺伝子の優劣)

起き上がる際の痛みがまだあるものの、口から食事が多少なりとも取れているせいか、少しずつ回復しているような実感がある。だけど体重はまだ減少中。 点滴もドレーンも今日外れた。点滴が外れたことはうれしいのだけれども、これから生きていくのに必要な栄…

術後6日目(術後の食事)

昨日の食事から3分粥だった。しばらく重湯だと思っていただけに少し驚く。三分粥ってどんな感じだろうと想像したけど、まぁ確かに三分粥だよなって感じ。また、恐るおそる食べてみると重湯の10倍はおいしい。米っておいしいんだなぁと改めて感じた。だけ…

術後5日目(病院内を散歩)

点滴&ドレーンにつながれたままなのがストレス。口から栄養が取れないのだから仕方ないのだけれど。 1日に1度のペースでドレーンの中身を排出するようだ。看護師さんが対応してくれるのだけれど、シリンダのようなものに空けて量を計っているようす。その…

術後4日目(消化器系再開通)

午前中に手術がうまくいったかどうかの検査をした。放射線科で機械に立たされた。Drの指示により機械に対して半身となり、液体を飲めと言われる。5日間飲まず食わずだったのに検査とはいえ、いきなり液体を飲むことに抵抗があったが、しかたなく仰せのま…

術後3日目

朝、執刀してくれたDrが様子見に来てくれた。順調であることを告げると、手術はうまくいったので心配いらないと話してくれた。まだ7時過ぎぐらいの時間だったと思う。外来の日なのにこんなに早くから出勤しているんだと思うと頭が下がる。 鈍痛は、少し引…

手術翌日2&術後2日目

術後2日目だけど、「手術翌日1」の続き ようやく長い長い夜が明ける。窓から光が差し込んでくるとなぜかホッとする。夜が明けると痛みが和らいだように感じるのは気のせいなのかな。 先ほど背中から硬膜外麻酔の管と導尿のカテーテル・鼻から胃までのドレ…

手術翌日1

麻酔が切れてからは、鎮痛剤が効いているのだろうけど鈍い痛みが続く。全身麻酔の影響で痰が絡む。うがいしながら痰をだしてくださいとの指示。口の中は酸素吸入でカラカラ。絡んだ痰を吐き出そうとするとものすごい激痛。でも吐き出さないと呼吸が苦しい。…

手術日

やっぱり眠りは浅かった。6時までは水分摂取は可能とのことだったので、大好きな缶コーヒーを買って飲んだ。コーヒー好きではなく缶コーヒー好きなのはこだわりだ。だけどこんなものを毎朝飲んでいたのがこの結果なのかなとも少し思う。 先ほど点滴が開始さ…

入院初日

午前10時に病院着。受付で書類を渡すと病棟を指示され向かう。 病棟は朝の食事も終わったせいか、何となく落ち着いた雰囲気に感じられた。ナースステーションで呼び鈴を押すと、担当の看護師さんがやってきた。デイルームで病棟での生活に必要な説明を受け…

検査結果(現在のところガン転移なし)

検査結果の説明と今後の治療方針を決めるために受診してきた。 ・有意なリンパ節腫大を認めない ・腹水なし ・胸水なし ・各臓器に転移を疑わせる所見なし つまり、現在のところ転移はなさそうだとのこと。一安心はしたが、あくまでも”なさそうだ”というだけ…

再検査2回目(腹部へのガン転移の確認)

前回の6月23日につづき2回目の検査。今日は腹部のCTと胃カメラを再度飲まされた。 今日のCTは腫瘍をマークする薬の投与はなかった。忘れてるのかなとも思ったけど、まぁいいかとそのまま撮影した。あっという間に終了。 そして2度目の胃カメラ。2…

再検査1回目(胸部へのガン転移の確認)

昨日のDrの指示により再検査を受けてきた。今日の検査はガンの転移を調べるもの。診療上のルールのせいか、胸部と腹部は1日で受けることができないらしい。今日は、点滴から腫瘍に印をつける薬を投与してCTを受けた。 検査自体はあっという間だった。検…

検査結果(ピロリ菌はいなかったのに)

生検の結果を聞きに行った。 何とも言えない重苦しい気分に支配される。判決前の被告の気分であろうか?いや、自分の行動に対する判決であるならばまだしも、これはおそらく自身にとっては誤認逮捕されたうえでの判決を待つような気分であろうかと思う。何も…

胃カメラ3(陥凹性病変疑いは異常なし)

「お疲れさまでした。これで終了です」看護師さんから声を掛けられた。口からゆっくりと黒い管が引き抜かれていく。驚いたのはその長さだった。おそらくそんなに長さはないのだろうけど、1メートルほどの長さのように感じた。 すべての管が引き抜かれると、…

胃カメラ2(苦しぃ!)

「それでは始めますね」Drの手には黒くて長い、およそ直径1cm程度の管が握られていた。口にマウスピースをはめられているので、何のリアクションもできないまま管が喉に入ってきた。待合室で聞いていたように嘔吐反射が来るのだろうなと思っていたら、…

胃カメラ1(まな板の上のコイ?)

胃カメラ飲んできた。あれって”飲む”というより、”突っ込まれる”と言ったほうが正しい感じ。 待合所は検査室の近く。今検査を受けている人の苦しそうな声が聞こえる。緊張感が高まってくる。 きっと顔が引きつっていたのだろう。係りの人(看護師さん?)が…

陥凹性病変疑い

人間ドッグの結果がとどいた。初めてのことではないが、結果の確認には少しの緊張感が伴う。 やはり、脂質異常の指摘。分かってはいるけどお酒おいしいんだよね。その他はA判定が続く。ん?D判定? 何かと思ったら胃部X線。そう言えば、噴門部が緩いとか…

人間ドッグ

仕事を辞め収入も無くなることから、支出を減らすために生命保険を解約しようと思い、現時点で体に変調がないことを確認するため、人間ドッグを受けてみた。 お酒の飲み過ぎなのか、相変わらず中性脂肪が高く、飲酒量を減らすように注意を受ける。また、背骨…